新型コロナ感染症検査態勢について

当院では体調の悪い方、発熱のある方の診療を行っています。

受診の際は定期受診の方々の診療とは別室で受けていただくため一定時間に診療科の数に限りが有ります。ですので予め電話で受診予約を取っていただきます。

予約無しで受診された場合状況により診察できないことがあります。

covid-19抗原検査、核酸検査(PCR,TMA)検査が可能です。

熱中症・コロナ 優先すべきは?

未だに衰えを見せないコロナ感染症。一時期待された弱毒化も残念ながら幻想に終わりそうなほど重傷者が増加しています。

しかし現在、特に高齢者が優先すべきは熱中症に対する注意です。連日熱中症による死亡例が複数報告されており危険度は熱中症の方が遥かに高いでしょう。

野外ではマスクは外して水分をしっかりお願いします。よほど密になる場合はマスクをするべきでしょうが、そもそも避けることが大事です。

汗が大量に出るような環境の場合塩分も摂るように心がけてください。

考察3

ソフトバンクによる大規模抗体検査によると医療従事者の抗体保有率が一般職より高くリスクが高い事が分かります。また、昨今の報道から飛沫に曝される職種・業態もまたハイリスクといえると思います。

症状の無いいわゆる不顕性感染が大部分で知らぬ間に加害者となり得る感染症、それが今回の新型コロナウィルス感染症といえます。

普段自分がコロナ保有者であると”仮定”しつつ行動しましょう。飛沫が他人にかからないように密集した状態ではマスクの正しい着用(これが大事)と外出時の手洗い。

世知辛い環境になって居ますが、何とか乗り越えましょう。