抗体検査

厚生労働省が6月16日、3都府県で計7950人を対象に実施した新型コロナウイルスSARS-CoV-2抗体検査の結果を発表しました。抗体陽性率は東京都で0.10%、大阪府で0.17%、宮城県で0.03%。また、6月にソフトバンクグループが同社や取引先の社員および医療従事者、計4万4000人を対象に行った抗体定性検査では、全体の0.43%、医療従事者に限っては1.79%が陽性と判定されました。

その他、抗体検査を独自に多数行っているクリニックや自治体では2-3%の陽性率と発表する所もありバラバラという印象があります。

この結果を受けていくつかの可能性が浮かび上がってきます。

  • 抗体検査キットの精度。
  • 検査方法。
  • 地域性(国内的、国際的)
  • 人種。
  • 職種。
  • その他

今後経験が進むにつれ明らかになっていくのでしょうか。

ブログにて考察を続けたいと思います。